永久脱毛できない体質とは

エステの光脱毛でもいいですが、効果が弱いので長期スパンでの脱毛計画が必要、しかも永久ではないということから、少々値段は高くても医療レーザー脱毛で永久脱毛をと考えている方に知ってもらいたい事実があります。

それは永久脱毛には不向きな体質があることです。

医療レーザー脱毛は光を当てることで黒い色の毛母細胞を破壊し、毛の再生を阻止する方法です。
光は黒い色だけに反応して熱ダメージを与えますが、その際に皮膚内部が軽いやけど状態になります。

そのため極端に肌の弱い敏感肌などの方は施術ができないことがあります。



またそれ以前に光過敏症といって日光に当たるだけで皮膚に湿疹が出来たりやけどのようになる病気の方は、医療レーザーの光でも同じような反応が出る可能性があるのでそもそも施術ができません。
このように体質によっては永久脱毛できないことがあるのです。

ただ、光過敏症の場合は絶縁針脱毛なら光を使わないので問題なく永久脱毛できます。こちらは毛穴に絶縁針を刺して光を流す方法で、光を使わないので光過敏症の方でも安心ですし、色の黒い方でも問題なく脱毛できます。ただ、敏感肌の方は毛穴に針を刺すこの方法もあまりおすすめはできません。

一度エステサロンに行ってみよう

このように体質によって医療レーザー脱毛ができないこともありますが、レーザーを使わない永久脱毛という選択肢もあるのです。



レーザーがダメだからと言って諦めずに、一度クリニックで相談してみるといいかもしれません。